住宅ローンQ&A

民間住宅ローンとフラット35の併用って可能?

民間住宅ローンとフラット35の併用って可能?

民間の住宅ローンとフラット35を併用したい場合にはフラット35パッケージを利用することになります。

フラット35パッケージとは長期固定金利タイプのフラット35と固定金利の期間選択タイプや変動金利タイプの住宅ローンを合わせて借り入れるという商品です。

フラット35を併用することのメリットは金利変動に影響されない安定と、低金利のメリットを受けられること。そして将来的な万が一のリスクにも対応しやすいという点があります。

また同時に融資を決定するため融資の手続きがスムーズというメリットもあります。

しかしフラット35パッケージを利用するためには条件があります。

まず一番重要なポイントとしてフラット35パッケージはフラット35を申し込む金融機関と同じ金融機関でフラット35と同時に申し込む必要があるという点です。

自分で自由に金融機関を選ぶというわけにはいきません。また金融機関によってはフラット35パッケージの取り扱いをしていない場合もあります。

またフラット35パッケージ以外にも住宅金融支援機構の財形住宅融資とフラット35を併用するという方法もあります。

またほかの金融機関の住宅ローンと組み合わせることも条件によっては可能になりますが、フラット35には抵当権一位設定をつけるという融資条件があるため現実的には併用できる住宅ローンは少なくなるといえるでしょう。

住宅ローン借り換えランキング (2019年6月 最新版)
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印
申し込み

楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印
申し込み