住宅ローンQ&A

フラット35住宅ローンのQ&A

ここでは住宅金融支援機構と民間金融機関がコラボレーションすることでできた公的住宅ローンのフラット35についての疑問にお答えしていきます。長期固定で低金利のフラット35の人気は高く、また金利優遇が受けられるフラット35Sが登場したことでさらに注目を集めるようになりました。しかし民間金融機関の提供する住宅ローンとは異なっている点が多数あり注意しなければならない点も多くあります。しっかりとフラット35について研究して正しい知識を身につけることであなたのマイホーム建築の夢をかなえましょう。民間の住宅ローンとフラット35の比較も大切です。

フラット35住宅ローンのQ&A

民間の住宅ローンとフラット35を併用したい場合にはフラット35パッケージ…続きを読む
銀行の住宅ローンとフラット35との違いは何なのでしょう?そんな疑問に…続きを読む
銀行の住宅ローンとフラット35Sの違いを考えたことはありますか?…続きを読む
住宅を購入する時にはほとんどの人が住宅ローンを組まなければいけません…続きを読む
日本に住んでいる外国人の方もどこかに居住しなければいけない…続きを読む
現在住宅を購入する時に中古物件を購入する人が多くなってきています…続きを読む
住宅ローンには、公的な住宅ローンと民間の住宅ローンが存在します。…続きを読む

住宅ローンQ&Aインデックス

住宅ローン借り換えランキング (2019年6月 最新版)
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印
申し込み

楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印
申し込み