住宅ローンQ&A

毎月の返済金額は何を基準に考えたらよい?

顔

毎月の返済金額は何を基準に考えたらよい?

相談員

住宅ローンを組んで毎月返済していくのですが、返済金額がいくら払えるかなどで自分の収入に対して、何を基準考えたらよいのか、謎ですよね。そこでどのように基準を考えたらいいのかお答えしていこうと思います。

返済負担率や完済時の年齢も考慮して家庭の経済状況から毎月の返済額を考えると良いと思います。まず最初に、マイホーム購入のときの大きなポイントとして「あの家が欲しいから、毎月いくら払わなくては」ではなくて「毎月この金額なら無理なく返せるから、この家にする」です。基本的には自分の支払能力に似合った住宅ローンを組む必要があるからです。

毎月どれだけ支払えるのかということを、まずハッキリさせていく必要がありますし、これはマイホーム購入にあたって、とても大切なことですよね。それでは基準として考えられる3つのポイントを押さえておきましょう。

1)住宅費割合の25~35%で検討する→これは手取額をもとに計算していきます。この25~35%の中に、固定資産税や、都市計画税や、購入住宅の維持費などを含みましょう。

2)現在の家計から検討する→住宅を購入しようと考えている人が、アパートや社宅などで現在暮らしている場合、月々の家賃などを元にして住宅ローンの返済額を検討することができます。これは、毎月実際に払っているわけですから、非常に解りやすいですし、現在の支払額との比較も容易にできることでしょう。

3)返済負担率から検討する→返済負担率とは、年間の住宅ローンの返済額を年収で割ったものです。

この3つのポイントを参考にして、毎月の返済額を考えていったらだいたい自分の月々返済できる金額がわかるのではと思います。

住宅ローン借り換えランキング (2019年4月 最新版)
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印
申し込み

楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印
申し込み