住宅ローンQ&A

住宅ローンを組む際に検討すべき保険は?

顔

住宅ローンを組む際に検討すべき保険は?

相談員

住宅ローンを組む際に、これから長期間お金を返済していくので、万が一のことがあったら困ります。

このため万が一の不安を解消するための「保険」があります。

ではこの住宅ローン保険についての要検討すべき保険をいくつか紹介していきます。

まずは銀行住宅ローンでは強制加入の「団体信用生命保険」です。団体信用保険とは、ローンの支払い途中で、万が一病気や事故で他界、もしくは、重度障害になった場合のためにその後の ローン支払いを肩代わりしてくれるものです。

よって、万一の時に残された家族がその債務を引き継ぐことはありません。

住宅そのものが残せるので家族は安心できます。ちなみに銀行ローンや民間ローンでは原則強制加入の団体信用生命保険ですが、住宅金融公庫などの公的ローンは公庫団体信用生命保険が利用できます。

任意加入なのですが、ローン利用者のうち95%が加入しています。次に、これも大事な保険なのですが、「火災保険」です。

これはどの住宅ローン会社も強制加入となっています。火災保険の強制加入の理由は、住宅ローンを組んで抵当権を設定してから購入した住宅が火事にあってしまったら、抵当物件は無くなり、ローン返済への不安も住宅ローン会社からしたら出てきます。

そのために強制加入となっています。もう一つとして「地震保険」があります。

これは任意加入で、地震保険だけ単独で加入することはできずに火災保険とのセットでの加入になります。現在入っている火災保険に「追加」という形もとることができます。

一番「要検討」の保険を紹介してみましたがいかかでしょうか?他にも色々と住宅ローンに関しての保険が商品化されてはいますが、自分が必要と思ったものを取り入れてもいいかもしれませんね。

住宅ローン借り換えランキング (2019年2月 最新版)
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印
申し込み

楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印
申し込み