住宅ローン借り換え講座

住宅ローン借り換えランキング【現在のベストチョイスは?】

あなたは毎月の返済額の負担が少し大きいなと感じることはありませんか?以前と違って今では借換ローンにも各金融機関が力を入れて魅力的な商品を提供していますから、低金利でサービスの充実したものに借り換えをするだけで、月に数万円も返済額が減ることもあります。今後は金利の上昇が言われています。今が得する借り換えのチャンスです!

低金利で選ぶ借り換えランキングメニュー

当サイトは低金利への借り換えをご検討中の方向けの専門情報サイトです。人気の住宅ローンや長期固定金利のフラット35などをご紹介しております。各メニューからあなたの知りたい情報をお選びください。厳選した商品をランキング形式でご紹介しています。

 

住宅ローンの借り換えとは

あなたが現在借りている商品は金利が高いなと思ったことはありませんか?もしくは、今よりもっと金利が低い住宅ローンなら月々の返済額も少なくなって楽になるのに・・と考えたことのあ…>>続きを読む

 

借り換えの選び方

今までは民間の商品しか利用不可能でした。しかし、平成19年度から住宅金融支援機構が新しいタイプの「フラット35(保証型)」という商品を出したのです。この(保証型)の一番大きな特徴は借り…
>>選び方の続きを読む

 

Q&A

住宅ローンの借換について皆さんが疑問に思われる、よくある質問をまとめてみました。
Q:借換えしたほうが有利なのはどんな場合ですか?…
>>Q&A続きを読む

 

借り換えランキング

残りの返済期間も10年以上ある、残高も1000万円以上など一定の基準を満たしている方は住宅ローンの借換をすることをおすすめします。…
>>ランキングの続きを読む

 

借り換えシミュレーション

それでは実際にすると具体的にはどれくらいローンの負担が減るのか確認してみましょう。各金融機関のウェブサイトで簡単なシミュレーションができるように…
>>シミュレーションの続きを読む

住宅ローン借り換えに適している人はどのような人?

住宅ローンの借り換えに適している人とは、どのような人でしょう?

 

最も多い状況は、現在の固定金利より低い金利の住宅ローンに借り換えて、総支払額を低減することだと思います。

 

例えば、残り30年ローンの残高が3000万円で、固定金利が3%だったとします。これを固定金利2.5%の住宅ローンに変更したとします。

 

試算すると、月々の返済額が約8,000円減り、支払いトータルで275万円程度の減額となります。もちろん、ローン変更のための諸費用が必要ですが、それらを差し引いたとしても、トータルの支払額をかなり削減することができます。

 

一般に、住宅ローンの借り換えで諸費用を払ったとしても、トータル支払い額を減らすための目安は、下記の3点を満たすことだといわれています。

 

  • 金利差が1%以上あること
  • ローン残高が1000万円以上ある
  • 返済期間があと10年以上ある

 

また、現在変動金利を組んでいる人が、将来の金利上昇に備えてリスクを軽減するために、固定金利に変更するというパターンも考えられます。

 

一般に、変動金利のほうが固定金利より低いため、固定金利に変更すると、一旦は金利が上がることになります。しかし、変動金利では、将来景気が回復して、金利が上昇した場合には、高い金利を支払うことになります。金利が上がってから固定金利に乗り換えても、固定金利自体も上昇していますから、金利を抑えることは困難です。従って、低金利が続いているうちに、一部だけでも固定金利に乗り換えると、将来の金利上昇のリスクを抑えることができます。

 

住宅ローンの借り換えを行う、第3の状況は、当面の支払い額を低減するためのものです。

 

以前は、住宅ローンの変更を行う場合には、その時点で残っている支払い期間より長い住宅ローンへの変更はできませんでした。

 

現在では、期間を延長して住宅ローンを組むことが可能な銀行もあります。その場合、借換前と後に金利の差が無かったとしても、借り入れ期間を長くすることで、月々の支払額を低減することができます。もちろん借り入れ期間が長くなるということは、支払う利子が増え、総支払額が増えてしまいます。しかし、月々の返済が滞り、ローン破綻してしまえば元も子もありませんので、最終的には損をしますが、当面の支払い額を低減して家を手放すことを回避するという考え方もあり得ます。

 

最初の例は、トータル支払い額を確実に低減する方法で、どなたにでもお勧めできる方法です。2番目の例は、現在の支払い額はやや増えますが、トータルの支払額上昇リスクを低減するための方法です。3番目の方法は、いわば最後の手段のようなもので、本来はお勧めできません。

住宅ローン借り換えは低金利の今だからおすすめ?

説明君

借り換えとは?

現在組んでいるローンの金利より他社のローン金利の方が安いなどのメリットがある場合に、現在のローン残高を他社から借り入れて一括返済する方法です。

この際、他社からの借り入れをローンにすれば、結果として現在のローンから他社のローンへ乗り換えたことになります。
この方法を「借り換え」と言います。

なぜ、今が借り換えのチャンスなのか?

「マイナス金利政策」が導入されている現在では、住宅ローンの金利も史上最低レベルで推移しています。

そのため、10年以上前に固定金利で住宅ローンを組んだ人は、借り換えることによって大幅に金利を下げられる可能性があるからです。

阿部政権が誕生し「アベノミクス」が進められていますが、いまだにハッキリとした結果が出ていません。

しかし、今後も金融政策が進められれば金利が上昇することは確実なので、そうなってからでは借り換えるメリットがなくなってしまいます。

アベノミクスの結果が出る前の今だからこそ、借り換えを考えるべき時期なのです。

借り換えのメリットとデメリット

借り換えのメリットは言うまでもなく「金利が安くなる」ことに尽きます。

現在の住宅ローン残高を完済した際の金額から、乗り換えた金融機関の住宅ローンを完済する金額を差し引いた差額がメリットになります。

つまり、金利の節約ということが最大の目的なのです。

住宅ローンを借り換えるには、現在の住宅ローンとは別に新規で住宅ローンを組む必要があります。

そのために、借り換え先の銀行を探さなければなりません。

借り換え先の銀行が見つかったら、住宅ローン審査必要な書類をそろえるなどの手間を最初から行わなければなりません。
審査が通ったら、新たな住宅ローンを組む手続きや現在借り入れている住宅ローンの一括返済など細かい作業がたくさんあります。

結構、面倒くさいことが多いことがデメリットですね。

すべての借り換えがオトクになるわけではない

住宅ローンの借り換えを検討する場合、どれだけ金利が下がるか?どれだけ返済総額が減らせるか?ということに目が行きますね。

確かに数十年前に住宅ローンを組んだ当時よりは明らかに金利が下がっているので、借り換えで得することはあっても損することはないと思うのは当然かもしれません。

しかし、そうではない場合があるのです。

そんなバカな!!

と思う人もいるでしょうが、よく計算しないと損をしてしまいますから良く聞いてください。

住宅ローンの借り換えで損をするか、得をするか?!

そのカギを握るのが「諸費用」です。

【借り換えにかかる諸費用とは?】
住宅ローンの借り換えを検討している人は、現在の住宅ローンを組んだ際のことを思い出してください。

住宅の代金とは別に、鬼のように散在しませんでしたか?

それですよ!

まず、新規で住宅ローンを組む銀行に支払う事務手数料が必要です。

次に、現在借り入れている住宅ローンを一括返済するための繰り上げ返済手数料を払わなければなりません。

更に、住宅ローンを組む際に必要な、保証料、印紙税、抵当権設定登記などの費用や団体信用生命保険料などがかかります。

【メリットがある借り換えとは?】
現在の住宅ローンから新規の住宅ローンの差額を算出して、そこから諸費用を差し引いても残金がある場合に借り換えるメリットがあると言えるのです。

とは言っても、手数料や保証料は金融機関によって異なりますので、正確な諸費用が算出できません。

そこで、住宅ローン業界で一般的に言われている“借り換えを検討する目安となる条件”をご紹介しておきます。

【住宅ローン借り換えの目安】

  • 住宅ローンの残高が1,000万円以上ある場合。
  • 返済年数が10年以上残っている場合。
  • 現在の住宅ローンと借り換える住宅ローンの金利差が1%以上ある場合。

これらのうち、ひとつでも該当していれば借り換えを検討する価値はあると言われていますが、あくまで目安なので該当しなくてもメリットがある場合はいくらでもあります。

オススメはネット検索

住宅ローンを借り換えたいのだけれど、どこの銀行がオトクなのかわからない。

そんな人は多いと思います。

失敗しない住宅ローン選びのコツとは?

複数の金融機関の住宅ローンを比較することに限ります。

しかし、毎日仕事がある人にとって金融機関の金利や諸費用を調べて計算するのも大変です。

そこで便利な方法は、インターネットで銀行のホームページめぐりです。
ネット検索ならいちいち銀行へ出向いていく必要はありませんし、昼夜を問わずに利用できます。
最近では、住宅ローンのシミュレーションコーナーを開設している銀行も多いので、パソコンからササッと入力するだけで、おおよその金額がわかります。

狙い目はネット銀行

インターネットの普及により、ネット銀行の数が増えてきました。

ネット銀行の特徴は、店舗を持たないために設備費や人件費が大幅に節約できる点です。

そのため、浮いた経費を顧客サービスに充てる銀行も多く、都市銀行に比べて金利や手数料が安いなどのメリットがあります。

例えば、じぶん銀行やソニー銀行などは団体信用生命保険料や保証料が無料なので、それだけで他行よりも諸費用が数十万円も節約できます。

ネット銀行は店舗がないので不安に思う人もいるかもしれませんが、メリットが大きいので住宅ローンの借り換え先として検討してみる価値は十分にあると思いますよ。

このサイトでの考え方

説明君

当サイトの住宅ローンの借り換え借り換えの選び方借り換えQ&Aでも説明しているように、今現在の水準よりも高い金利で住宅ローンを借りていて、残りの返済期間も10年以上ある、残高も1000万円以上など一定の基準を満たしている方は住宅ローンの借り換えをすることをおすすめします。

 

借り換えという言葉で表されますが、通常借り換えとは新しくローンを組みなおすことにですから諸費用など注意は必要です。しかし現在では住宅ローンの借り換えにかなり力を入れサービスの充実を図っている金融機関も多く存在しています。

 

特に住信SBIネット銀行の住宅ローンは借り換えに力を入れた魅力的な商品です。借り換えでも通常ローンとまったく遜色の無い条件で、保証料・団信保険料・繰上げ返済手数料が無料。固定金利特約型の金利の大幅な優遇のため金利水準も日本一低くなっています。今まさに借り換えローンを検討されている方はまず住信SBIネット銀行にあたってみてはいかがでしょうか。当サイトNo.1のおすすめ住宅ローンです

 

他にも以前からずっと期待されてきた長期固定金利で低金利の住宅ローン、フラット35への借り換えができる「フラット35(保証型)」での借り換えもおすすめです。フラット35の好条件をそのまま借り換えでも利用できるというのは非常に魅力的で。しかも繰り上げ返済などは通常のものより条件の良い毎月1万円から1万円単位で行うことが可能になっています。

 

どちらの商品も繰り上げ返済が簡単にできるようになっています。早め早めの繰上げ返済は、総額をぐっと減らすことができますから積極的に活用していきたいですよね。

おすすめの銀行をもっと詳しく比較!

楽天銀行フラット35
【フラット35最低水準の金利と手数料で人気】
楽天銀行のフラット35は最低水準の手数料と金利でフラット35の中でも人気が高く、独自サービスの充実などもあり借り換えも人気を集めています。
楽天銀行はネット企業である楽天のノウハウをもとにネット専業銀行にすることで徹底したコスト削減を可能とし従来では不可能だった金利や諸費用を実現しました。
楽天銀行に返済口座を作れば融資事務手数料は借入額の1.08%に引き下げられるスマイルプログラムなど住宅ローン借り換えの際にも大きなメリットとなるものが多くなっています。
また親子リレー返済やさらに金利の低いフラット20、そしてフラット35を借りる際には必要になることが多いつなぎ融資も低金利で用意されているなの商品ラインナップも豊富。支払総額が安い使い勝手のいい住宅ローンです。
また入院保障付きの独自の失業特約なども用意され万が一の時のリスクにも対応。安心して返済していくことができるのもおおきな特徴。資料請求から契約まで来店不要ですから忙しい方でも手間がかからず人気のフラット35への借り換えを進めていくことが可能。
長期固定で金利が安いフラット35への変更を希望している方には楽天銀行フラット35は借り換えでもやはりおすすめです。
住信SBIネット銀行住宅ローン
【住宅ローン借り換えでも常識破りの高サービス】
ネット専門銀行、いわゆるネットバンクの住信SBIネット銀行の住宅ローンはあらゆる意味で常識破りな住宅ローンです。
借り換えの場合でも、新規に借りるのと同様に一部繰り上げ返済手数料が無料、保証料必要なし、団信保険料無料というサービスの良さ。これ以上のサービスを提供している金融機関はありません。
特に繰り上げ返済はいつでも何円からでも可能ですから、毎月の返済額に少しだけ上乗せして繰上げ返済することで総返済額を大きく減らすこともできるのです。
それに加えて金利と事務手数料は都市銀行の商品を大きく引き離す低水準を達成しています。金利が低く、サービスも良い、文句なしで日本No.1の住宅ローンです。
インターネット専業にすることで、店舗運営の経費をかけずコストを削減、高水準のサービスとフラット35以上の低金利を実現しています。
総合的に判断すると今現在、最も借り手に優しく魅力的な注目の住宅ローンです。
口座の開設、審査依頼はネットで完結、一切来店不要という点も忙しい方に人気を集めています。
新生銀行住宅ローン
【借り換えを完済まで応援する手厚いサポート】
新生銀行パワースマート住宅ローンは借り換えにも力を入れ、あなたを完済まで手厚くサポート。
保証料・繰上げ返済手数料・団体信用生命保険料はすべて無料、さらに繰上げ返済は1円からと大手都市銀行では考えられないサービスを提供。さらに自動繰り上げ返済機能など面倒な手間がいらずいつでも無理なく返済できるようになっています。
新生銀行の借り換えの一番の特長は返済期間の変更ができる点。通常、借換ローンの返済期間は元の住宅ローンの残存期間以内に限られます。
しかし新生銀行の場合残存期間に関係なく最長35年まで返済期間を設定可能。返済期間を長くして毎月の返済負担を軽くするといったこともできるためライフプランの見直しに最適。
また返済期間を延ばしても、余裕ができたときに繰上返済を行うことで期間と利息の圧縮ができます。他にも住宅ローンの借り入れを行うと、通常なら2,000万円以上の残高が必要な新生プラチナサービスが利用可能に。
これはプラチナ会員専用コールセンター・他行への振込が月10回無料・提携金融機関ATMの引き出し手数料無料・定期預金の金利優遇・資産管理セミナーやファイナンシャルプランナーへの相談・会員限定情報などの上位サービスが受けられるもの。
ソニー銀行住宅ローン
【約80%の方が借り換えで利用という信頼性の高さ】
ソニー銀行の住宅ローンを利用している方のアンケート結果を見ると約80%の方が他の銀行からの借り換えということがわかります。
これは他の多くの銀行よりも好条件であることの証明であり、ソニー銀行は住宅ローン借り換えで見逃せない存在であることがわかります。
金利が低い・繰上返済が用意・保証料がかからないという3つの決め手で選ばれているソニー銀行ですがその他にも評判の良いポイントとして、団体信用生命保険料無料・専任アドバイザーによるサポート完備・借り入れまで来店不要といった点も注目されています。
また固定と変動という金利タイプの変更が簡単にできるというメリットも見逃せません。この借り入れの際の自由度の高さがソニー銀行の大きな魅力とも言えるでしょう。
2011年版オリコンの顧客満足度の高い住宅ローンベスト24で顧客満足度ナンバーワンを獲得するのも納得の条件がそろったソニー銀行。借り換えの際には外せない銀行です。

住宅ローン借り換えランキング (2019年7月 最新版)
じぶん銀行住宅ローン
  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印
申し込み

住信SBIネット銀行
  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
  • 事務取扱手数料は借入金額の2%+税
矢印
申し込み

楽天銀行フラット35
  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • フラット35最低金利・最安手数料達成
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 事務手数料は1.08%まで引き下げ可能
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印
申し込み