住宅ローン借り換え講座

住宅ローンの借り換えシミュレーションとは?【いくらくらい節約できる?】

説明君

住宅ローンの借り換えについてご紹介してきましたが、それでは実際に借り換えをすると具体的にはどれくらいローンの負担が減るのか確認してみましょう。

 

各金融機関のウェブサイトで簡単なシミュレーションができるようになっていますからそれで試してみるのが一番わかりやすいと思います。

 

ここでは住信SBIネット銀行のウェブサイトに用意されているシミュレーションで試してみます。住宅ローン→シミュレーション→お借換試算で同様のシミュレーション計算が可能です。

 

まず現在のローン残高、残り返済期間、金利ですが仮にローン残高が2000万円、残り返済期間20年、金利5%とします。比較計算をシンプルにするためにボーナス月増額返済などは行いません。

 

借換後の条件としては、2000万円借り入れ、借り入れ期間20年、金利は住信SBIネット銀行の固定金利特約期間20年の8月現在の金利2.63%とします。

 

上記の条件でシミュレーションを行うと、毎月返済額は131,991円が107,251円となり24,740円のダウン、年間では296,880円も安くなるという結果が出ました

 

概算ですが諸費用は575,000円ですから、ほぼ2年で諸費用の分は相殺される事になります。総返済額の差額に諸費用を加えても5,362,340円得することになりました。借り換えするだけで500万円も得することができるのです。これに繰り上げ返済などを組み合わせればさらに条件は良くなります。

 

もちろんすべて仮定の話ですから、5%から2.63%への借り換えは条件が良すぎると思われる方もいらっしゃるかもしれません、しかし変動金利タイプで当初の金利優遇期間が終わると、金利が5%を超えることも珍しくありませんから場合によってはもっと金利差が出ることもありえるのです。

 

金利の差が少ない場合でもシミュレーションでは3%から2.63%の借り換えで上記と同じ残り2000万円、20年で返済でも30万円以上のメリットがあります、諸費用50万円を加えてこの数字ですから、借り換えの効果の大きさも実感できるはずです。

住宅ローン借り換え最新情報【2019年10月版】

じぶん銀行住宅ローン

  • 充実の11疾病保障団信
  • 仮審査申し込みなら最短即日回答
  • 三菱UFJ銀行とKDDIの共同出資
  • 保証料・収入印紙代はゼロ
  • 来店不要で時間の成約無し
  • がんと診断で残高が2分の1に
  • 業界最安水準の金利
矢印

じぶん銀行公式ページ

住信SBIネット銀行

  • 金利が安く満足度が高いネット銀行
  • 全疾病保障保険料・団信保険料無料
  • 交通事故の障害補償保険料も無料
  • 保証料・繰り上げ返済手数料無料
  • 地震保障の保険料も無料
  • コンビニATM手数料月5回まで無料
矢印

住信SBIネット銀行公式ページ

楽天銀行フラット35

  • 来店不要・ネットで申し込み完結
  • 諸費用が安くトータルの返済額を圧縮
  • フラット35は独自の審査基準で魅力
  • 繰り上げ返済は100万円から
  • 団信生命保険料は本人負担
矢印

楽天銀行フラット35公式ページ