バイセルお酒買取の口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でお酒が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったお酒を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】お酒を売るなら出張買取がおすすめ!

お酒と一言でいっても、いろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたお酒以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\お酒が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【お酒買取実績はこちら】
ブランデー、ウィスキーが買取対象です
洋酒、古いお酒、箱を無くしてしまったもの、ミニチュアボトル、グラス、オープナー、バカラの空き瓶、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないお酒を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているお酒などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

高級酒の種類一覧

シングルモルトウイスキー山崎、サントリーウイスキー響、サントリーウイスキー白州、ニッカウイスキー竹鶴、ニッカウイスキー余市、ニッカウイスキー宮城峡、イチローズモルト、軽井沢ウィスキー、駒ヶ岳ウィスキー、マッカラン、ボウモア、ダルモア、スプリングバンク、グレンリベット、アードベッグ、グレンフィディック、バーボン、スコッチ、モルト、アイリッシュ、カナディアン、コニャック、レミーマルタン、ヘネシー、カミュ、マーテル、クルボアジェ、ゴーティエ、ザロイヤルハウスホールド、エキストラ、コルドンブルー、ヘネシーXO、ルイ13世ベリーオールド、ハイン、バカラボトルのブランデー

お酒買取によくあるQ&A

今一番注目されているお酒買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古いお酒が出てきました。お酒の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

お酒を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なお酒を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるお酒は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

お酒買取の基礎知識コラム

創業当初、エルメスはパリにある馬具工房でした。

その顧客には皇帝や貴族が多く、事業としてうまく軌道に乗っていました。

技術革新の波がすぐ近くまできていまして、そろそろ自動車の実用化の芽が出てきていました。

そこでエルメスは、馬車の急激な衰退に対処するべく、馬具工房からその皮革加工の豊富な経験を生かして、バッグ、財布などの皮革製品を扱う会社に主軸をずらしていくことにより、激動の時代を乗り切り、時流を読んで、老舗ブランドとして今もなお続いているのです。

多くの女性から憧れの的となっている高級ブランドで、価格から言ってもある意味、持ち手を選ぶほどの商品です。

そしてもし、購入したエルメスを手放したい、と考えるようになったのであれば、ブランド品買取店で査定してもらいましょう。

需要は高く、供給が少ないため、高額買取の可能性は高いです。

買い取りを希望する品物の数がとても多かったり、または持ち運べないものだったり、それから様々な理由により外出できない時は、業者に来てもらった方が話が早いです。

出張買取サービスを利用しましょう。

大きめのもの、例えばスーツケースやボストンバッグ、壊れやすいものなどを売りたくなった人がしばしば、便利に利用しているようです。

自宅に限りませんが、商品のある場所まで業者のスタッフを呼んで査定してもらい、結果に満足なら料金が支払われ、取引は完了です。

一人暮らしの女性ですと、男性が自宅にあがってくることに良い印象を持たないかもしれません。

その場合は、同性のスタッフに出向いてもらうよう先に言っておくと、配慮してもらえるでしょう。

新しいブランド品を購入した時、この後いつか売却するために業者を利用するつもりでいる人もいるでしょう。

そんな風に思っているなら、ブランド商品が本物であることを示すギャランティーカード(もしくはギャランティータグ)や、商品購入の際に付属している物は外箱に至るまでできればなくさず、そして廃棄せず、大事にしましょう。

どうしてかというと、査定の時にこれらの付属品が存在するかどうかによって、相当査定額も違ってくるのです。

一番大事なのはギャランティーカード、つまり品質保証書のことですが、これがなければ最悪の場合は偽物の疑いすら持たれてしまい、買い取りを拒否されることもありますし、保証書などはぞんざいに扱わない方が良いようです。

ブランド買取店で買取サービスを利用の際、多様なブランド品のうち洋服ほど、査定に期待をしてはいけない物はないようです。

素材や作りがしっかりしていてデザインも良い、といった物だとしても、人気ブランドの人気商品でない場合は店で算出される査定額は、かなり低めになるでしょう。

未着用の新品で、値札もついているものだったらまだ、満足のいく買取金額になることもあるでしょう。

でも、着用済みの物なら、見た目が新品でも査定額は低く出ることになるでしょう。

また、数回クリーニングに出していて、品質表示が見えなくなっているようなものだと大変安い買取額になるか、もしくは買い取ってもらえないこともあります。

ブランド品を持つ年齢層は広く、早ければ10代の頃からブランド品を使っている、という人も少なくないのですが、買取店でブラド品を売ることは実は年齢制限があることを知っておきましょう。

買取店によって少しの違いはあるようで、原則として20歳未満の人との取引はしない、としたり、保護者が認めていることを証明する同意書を提出できるのなら未成年であっても18歳以上で取引を可能とするなどといったお店もあり、その対応は様々です。

ブランド品を未成年の人が買い取ってもらうつもりなら、利用前にHPで年齢制限の項目などについて確認しておいた方が良いでしょう。

知名度の高い、高級宝飾品ブランドであるブルガリと言えば、ジュエリー、時計、香水、化粧品などと、多くの質が高い商品の数々を展開してみせてくれています。

1884年、イタリアのローマにて、ソティリオ・ブルガリが創業し、長い歴史を経ていくうち、各国へ進出を果たしていき、今や世界中に直営店のある、大ブランドになりました。

買取店においては、ブルガリの時計であれば、少々の傷が有ったとしても相当良い値段で買い取ろうとする店は多いはずです。

バレンシアガは1914年、バスク系スペイン人、クリストバル・バレンシアガによりスペイン国内にて設立されたファッションブランドです。

1930年代には、パリに本社を移転したので、以降、フランスのファッションブランドとして知られるようになりました。

所謂、ラグジュアリーブランドであり、エルメスなどと同様、ハイブランドとして存在しており、レディース服、バッグ、靴、宝飾、時計、香水など、色々あり、数が多いです。

ブランド品の買取店で、バレンシアガの製品を売るつもりなら、財布やバッグ、小物などは、相当良い値段で買い取ってもらえるはずです。

世界的に人気のある有名ブランドであったり、人気の高い定番商品を数多く仕入れるための工夫している買取業者などでは、少し古めの商品や、今では作っていない型落ち製品などは買取店として取り扱いを拒否されるケースが多いようです。

こうして買い取り拒否された商品はどうすれば良いかと言うと、ギャランティカードなどの付属品が、何もないような状態のものでも買い取りをしてくれる、そういった業者を選ぶのが良いようです。

利用しやすいと言えばそうなのですが、実はこういったお店は大抵の場合、買取価格が低めになっていますので、買取希望の商品を全部そのお店に任せたりせず、手間ではありますが、高額で売却できそうな物はまた別のお店で、取り扱ってもらうようにした方が良いでしょう。

当初はパリ郊外にある鞄店だったヴィトンは、今やバッグ、財布など多彩な製品を扱う世界有数のファッションブラントとなりました。

ちなみに、ルイ・ヴィトンは創始者の名前で、この人はスーツケースを作る職人でした。

LとVの文字を利用したモノグラムと、いくつかのシンボルマークを配した、特徴的な模様は形状と相まって、落ち着きのある雰囲気を醸し出しています。

ルイ・ヴィトンの製品を好む人は、どの年齢層にも一定数以上いて、ブランドの人気が長く続いていることが伺えるのですが、ファンの中には、時折出る新作や、限定品などをまめに購入する向きもあり、飽きがきたヴィトン製品をブランド品買取店で買い取ってもらい、新しく出た製品を買う資金にする、というやり方をする人も珍しくはないそうです。

どんな買取業者であっても、高額買取になる可能性がきわめて高いプラダは、1913年、マリオ・プラダとフラテッリ・プラダの兄弟により立ち上げられた知名度抜群のイタリアの高級ブランドです。

創業時は皮革製品のお店で、その名も「プラダ兄弟」といい、こだわりの素材を使用し、高い品質を実現させて、しばらくするとイタリア王室のご用達となったのです。

時代は変わり、ミウッチャ・プラダが3代目オーナー、兼デザイナーとなりました。

これにより、そのコンセプトを「日常を贅沢に飾る」としデザインや素材の使い方で革新的な商品を次々に開発して、大きなブームを起こしました。

お酒買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのお酒買取業者なら/

お酒の高価買取なら