バイセルお酒買取の口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でお酒が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、もう不要になってしまったお酒を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】お酒を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

お酒と一言でいっても、いろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたお酒以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\お酒が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【お酒買取実績はこちら】
ブランデー、ウィスキーが買取対象です
洋酒、古いお酒、箱を無くしてしまったもの、ミニチュアボトル、グラス、オープナー、バカラの空き瓶、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないお酒を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているお酒などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

高級酒の種類一覧

シングルモルトウイスキー山崎、サントリーウイスキー響、サントリーウイスキー白州、ニッカウイスキー竹鶴、ニッカウイスキー余市、ニッカウイスキー宮城峡、イチローズモルト、軽井沢ウィスキー、駒ヶ岳ウィスキー、マッカラン、ボウモア、ダルモア、スプリングバンク、グレンリベット、アードベッグ、グレンフィディック、バーボン、スコッチ、モルト、アイリッシュ、カナディアン、コニャック、レミーマルタン、ヘネシー、カミュ、マーテル、クルボアジェ、ゴーティエ、ザロイヤルハウスホールド、エキストラ、コルドンブルー、ヘネシーXO、ルイ13世ベリーオールド、ハイン、バカラボトルのブランデー

お酒買取によくあるQ&A

今一番注目されているお酒買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古いお酒が出てきました。お酒の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

お酒を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なお酒を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるお酒は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

お酒買取の基礎知識コラム

ギャビー・アギョンが1952年に創業したクロエはフランスの高名なファッションブランドです。

高級感のある、複雑で手の込んだデザインでありつつ、気軽な装いにもよく合い、主に若い世代の女性たちの間で人気です。

このクロエというブランドが、一流ブランドへと飛躍を遂げたのは、後々、いくつもの有名ブランドのデザイナーを兼任する名デザイナー、カール・ラガーフェルドがクロエにヘッドデザイナーとして招かれたことによる、と考えられています。

クロエの製品を買取店で可能な限り高い値段で売却したい場合は、買取店は複数利用して査定を受け、できればクロエに詳しいところを選び出すのが高い値段で買い取ってもらうためのやり方です。

世界的なジュエリーブランド、といえば言わずと知れたカルティエでしょう。

ジュエリーと、高級時計でもおなじみで、幾つもの国の王室御用達ブランドとしても知られ、かつてのイギリス国王ジョージ5世からは「王の宝石商、宝石商の王」という賛辞を得たこともあります。

他の高級ブランドのように、ロゴを強調したデザインは少ないためか、シックなイメージがあります。

そして、シリーズものの数の多さから見えるようにデザインは多彩であり、多くの世代から選ばれています。

それと価格的には超高級品から庶民に手の届く商品まで、どのデザインも機能美と高品質を併せ持つという、そんなラインナップを用意してくれているブランドだと言えるでしょう。

特にジュエリーの分野では、女性からの人気と信頼を集めており、カルティエを婚約指輪、結婚指輪としてセレクトする人は多く、人気の高さを物語るのですが、そうしてプレゼントされたと覚しきアクセサリーを売却するために買取店に持ち込む人も、それ程珍しくはないようです。

手持ちのブランド物がどのくらいの値段になるか、正確なところを知るのは難しい物です。

でも、有名ブランド品、特にバッグに関して言えば、その買い取り相場の情報は広く共有された状態であり、ネット検索で相当正確な情報を得られるでしょう。

そしてブランドの中のブランドといってもいい定番商品ともなってくると長い間安定して人気を維持し続けていて、そのため、価格の変動も少なく、ほぼ正確なところを知ることができるでしょう。

これとまったく逆で、買取価格の把握が困難なものとして、この先の人気がどうなるか不透明な最新の商品、マイナーなブランド品、人気の変動が激しいアクセサリー等となっています。

これらの商品に関しては、ネットで相場を調べることは難しいので、お店で査定を受けてみると良いでしょう。

ブランド品買取店では、多様なブランド品を買取範囲としていますがちょっと変わったところとしては、ヴィトンやシャネルとったハイクラスのブランドが出したノベルティグッズが挙げられます。

手鏡、ポーチ、遊び心あふれるおもちゃに至るまでいろいろありますが、主にそのブランドの商品を買うことにより、無料でプレゼントしてもらえる高級ブランドの販促物たるノベルティグッズですが、誰もが入手できるというのものではなく、それらを欲しがるブランドコレクターが多いこともあって、高い値段で買い取ってもらえる可能性は高いです。

そんなノベルティグッズをもらったまま放置していませんか?もしあれば、一度査定してもらうと、面白い結果になるかもしれません。

ヴィトンは、世界有数のファッションブランドであり、特にバッグ、財布が商品の中核をなしており、ルイ・ヴィトンというブランドの名称は、創始者の名前から名づけられました。

ルイ・ヴィトン(LouisVuitton)のLとVを組み合わせであるモノグラムを使った、ヴィトンのトレードマークともなっている柄は全てもれなくヴィトンであると誇らしげに主張しているかのようです。

このブランド愛好する人の世代は広く、定番商品などの人気は続いていますが、よく出る新作や、限定品の類が人気となることもあり、ヴィトンファンの中には、手持ちの飽きがきた製品を買取店に持ち込んで買取を依頼し新しく出た製品を買う資金にする、というやり方をする人も珍しくはないそうです。

略称をフェラガモ、正式名称サルヴァトーレ・フェラガモはデザイナーの名前がそのままブランド名となっています。

イタリア、フィレンツェでの開業は1927年ですが、それ以前から大勢の顧客のいる程の熟達した靴職人でした。

どちらかといえば名より実、ブランド名もありますが、その品質の高さと使いやすさによって、人気を博しております。

やはりフェラガモはなんといっても靴が主力ですが、代がわりもあって相当、商品を展開させるようになり、パリコレクションにもエントリーするようになるなど靴だけ、という印象は変わりつつあるのかもしれません。

これから履く予定の無いフェラガモの靴を、もしもしまいこんでいるなら、買取店での売却をおすすめしたいところです。

数が多いようなら、出張買取を利用した方がいいかもしれません。

1941年、ニューヨーク、マンハッタンでコーチというブランドは生まれ、愛好家が世界中にいる有名ブランドとなりました。

わが国でも人気ブランドとしてしっかり認知されていまして、レザーやキャンパス地のバッグや財布に、Cの文字が組み合わさったロゴパターンが配されたものはすぐにコーチだとわかり、目につきます人気もあり、パターンがよく知られて真似がしやすいのでしょう、偽物が多く、購入は正規店に限った方が良いのですが、そうしないなら真贋を気にした方が良いでしょう。

偽物をコーチと思い込んで買ってしまった場合には、もちろん、ブランド品買取店で買い取ってくれることはないでしょう。

新しいブランド品を購入する際、気をつけておいてほしいことがあります。

それは箱や袋といった付属品を捨てないでおくことです。

もしその商品を後に、ブランド品買取店で売るつもりがあるならオリジナルの箱や袋を残しているか、そうでないかは、お店の考え方やあるいはブランドの種類、商品がどういうものかによったりしますが、大きく買取価格に影響します。

箱があるだけで高額買取になったのに、というケースも多いのです。

なのでぜひ、捨てようなどと考えず大事にしまっておくのが良いのです。

とっておく必要がない、と判断したなら、そういったものを必要としている人もいますから、ネットオークションで販売してみると買おうとする人は現れるでしょうし、試してみて損はないはずです。

その道のプロでもない限り、なかなか中古ブランド品の価値を正確に知ることは難しいものです。

ブランド名、人気などといった諸々の要素が重なってそれ程たやすくわかるものではありません。

ですから、使っていないけれど保管している、そんなブランド品に、ちょっと意外な程の高値が付くようなこともあり得るわけです。

いい話ばかりではないにせよ、そして売買の話が最後まで進むかどうかはブランド品のストックがあるのなら、試しに査定を頼んでみるのはいかがでしょうか。

普通の品だとばかり思い込んでいた手持ちのブランド品が、高値で取引される人気の品に変わっている可能性もある訳です。

ブランド品も奥が深いですね。

これから売却したいと考えているブランド品があり、これを査定に出すとどんな値段になるか「できるだけ簡単な方法で知りたい」という人は、写メ査定を試してみてはいかがでしょう。

対象となるブランド品を写メで業者に送って査定してもらうというものです。

お店に現物を持って行ったり、送付したりしなくても、幾分か気軽に業者の査定を受けられるのではないでしょうか。

ですが、こうした写メによる査定で出された価格がそのまま、実際の買取価格になるわけではありません。

最終的な買取金額は、写真ではなくて実物を見た上で決められるからです。

バッグや腕時計、アクセサリーなど何でもそうですが、送った画像で確認できなかった部分にキズがあったりした場合は当たり前の事ですが、その数や程度に沿って減額されます。

ですから、写メでの査定額と実際に提示される買取額の差に驚くことになる場合もあり得ます。

お酒買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのお酒買取業者なら/

お酒の高価買取なら