バイセルお酒買取の口コミ

\高く売るならまず査定/

トップページ > 京都府

不要になったけど片づけるきっかけがなかった…
もらいものだから捨てられなかった…
遺品整理でお酒が出てきた…


そんな悩みをお持ちの方へ。

こちらでは、京都府内でもう不要になってしまったお酒を整理したい方のために、査定料0円・送料無料で高価買取してくれるバイセルをご紹介しています。

【高価買取強化中!】お酒を売るなら出張買取または宅配買取がおすすめ!

お酒と一言でいっても、いろいろな種類があります。

ひと昔前までは品物を店舗まで持っていく持込買取(店頭買取)が主流でしたが、今ではまとめて売れる出張買取や宅配買取のほうがメリットが大きいと評判です。

というのも、全国チェーンの買取専門業者であれば、変な値段で買いたたかれるようなリスクが少なそうという安心感がありますよね。

あとは、出張買取の場合は品物を運ぶリスクがありません。(収納場所から出すときぐらいでしょうか)

バイセルのような大手であれば予定していたお酒以外にも貴金属なども一緒に査定してもらう事も可能になるため、メリットが大きいです。

もし万が一急に不安になったり満足できなくなってもクーリングオフ制度の対象になっていますから、その点も安心です。

評判で選ぶならバイセル
\お酒が高い!全国対応/

査定料0円・キャンセル料無料
PC・スマホから査定申込OK
買取方法出張買取
宅配買取
お持込み買取
対応エリア全国
送料
キャンセル料
すべて無料
(※返送時の送料はお客様負担)
  • 宅配買取の送料無料
  • キャンセル料無料
  • 最短30分で出張査定
  • 顧客満足度NO.1で人気
  • 査定だけでもOK

【お酒買取実績はこちら】
ブランデー、ウィスキーが買取対象です
洋酒、古いお酒、箱を無くしてしまったもの、ミニチュアボトル、グラス、オープナー、バカラの空き瓶、流行から外れたもの、など

【用意しておくもの】
運転免許証やパスポートなどの本人確認書類

まとめ

こちらでは、使い道のないお酒を処分したい方のために、おすすめのバイセル買取をご紹介しました。

眠っているお酒などがそのままになっていませんか?

この際バイセルを利用してスッキリ整理してみましょう。

こちらでご紹介しているバイセルは、無料で査定を行なってくれるので安心です。出張買取を希望する際には、女性査定員を指名することも可能なので、女性の方も安心してご利用を検討してみてくださいね。

高級酒の種類一覧

シングルモルトウイスキー山崎、サントリーウイスキー響、サントリーウイスキー白州、ニッカウイスキー竹鶴、ニッカウイスキー余市、ニッカウイスキー宮城峡、イチローズモルト、軽井沢ウィスキー、駒ヶ岳ウィスキー、マッカラン、ボウモア、ダルモア、スプリングバンク、グレンリベット、アードベッグ、グレンフィディック、バーボン、スコッチ、モルト、アイリッシュ、カナディアン、コニャック、レミーマルタン、ヘネシー、カミュ、マーテル、クルボアジェ、ゴーティエ、ザロイヤルハウスホールド、エキストラ、コルドンブルー、ヘネシーXO、ルイ13世ベリーオールド、ハイン、バカラボトルのブランデー

京都府の方向けお酒買取によくあるQ&A

今一番注目されているお酒買取サービスを検討中の方のために、よくある質問と答えをQ&A形式でご紹介しています。

良ければ査定に申し込む前にチェックしておくことをおすすめします。

Q. 遺品整理をしていたら古いお酒が出てきました。お酒の買い取りって制限はありますか?

A. 基本的に制限はありません。

お酒を複数持っている方は、なるべくまとめて査定してもらった方がおすすめです。

ちなみにほとんどの業者が、買取予定の品以外の査定も追加で行なってくれます。

査定が無料な業者を選んだなら、価値が分からないものや不要なものなどまとめて査定してもらうことをおすすめします。

Q. 大切なお酒を売ろうと思うんですが、少しでも高く買取してもらう方法ってありますか?

A. 高価買取、高額査定をしてもらうコツはあります。

  • 持込買取より出張買取か宅配買取で売る
  • まとめて売る
  • 箱や付属品、証明書があれば一緒に売る

相場より高値で売るコツは上記のとおりです。

そのほか、高値で買い取ってくれるお酒は人気の色や状態などが関係してくるようです。

あとは、人気の高いものは市場価値が上がるのでその分高く買い取ってくれるようですね。

お酒買取の基礎知識コラム

「ブランド品を買い取ってもらおう」と買取店を利用する場合、ぜひともあらかじめ用意しておいて欲しいものがあります。

それは運転免許証などの身分証明書で、公的に発行された、名前や住所、年齢が確認できるものです。

なぜそんな書類が要るのか、その訳としては、ブランド買取店が古物商だから、ということになります。

古物商は古物営業法によって、古物を買い取る相手の本人確認をしないといけません。

ですから身分証明書(本人確認書類)を提示するよう、お店側に求められる訳です。

よく運転免許証が使用されますが、健康保険証でもいいし、パスポートや、それから住基カードでも可能です。

しかし、きちんとしたお店である程、確実に提示を求められることになりますので忘れずに持って行きましょう。

ブランド品を持つ年齢層は広く、早ければ10代の頃からブランド品を使っている、という人も少なくないのですが、所有のブランド品を、ブランド買取店で買い取ってもらうことは基本的に20歳未満の人はできないことなっていますので、気を付けましょう。

その詳細は店によって異なり、20歳未満は無条件で一切取引をしない、としているお店もありますし、保護者が認めていることを証明する同意書を提出できるのなら18歳以上の未成年でも、買取をしてもらえるお店もあります。

買取店の利用を予定しているなら、未成年の人はお店側がどういった対応を取るかなど、事前にHPなどで確認をしておくべきでしょう。

ブランド品を扱う買取業者を利用してみたいと考えていても、どこを利用したら最もお得に取引ができるのか、なかなかわからないものです。

そういった場合は、複数の業者が、それぞれに算出した査定額を比較できるサービスが、ネット上に「一括査定サイト」として存在しますので、利用してみると良いでしょう。

売却予定の品物について、どこのブランドか、商品名は何かなどを入力しして一括査定を申し込むことで、その情報を元に出した査定額を、いくつかの業者が個々に知らせてくれることになっています。

査定額を比べて一番高いところを知ることができるため、他より少しでも高く買い取ってくれる業者を探すつもりの人にとってはとても便利なシステムですね。

この一括査定と呼ばれる仕組みは無料で使えて、もしも金額に不満があるなら売却はやめておけばいいので、業者との売買に不安がある人でも「利用してみようかな」と思えるようです。

世界的に人気のある有名ブランドであったり、人気の高い定番商品を数多く仕入れるための工夫している買取業者などでは、使用感のある古めの製品、型落ちの製品などは、人気も需要もありませんから取り扱ってもらえないことがあります。

そういうものを売却したい場合は、新品購入時の付属品、外箱やギャランティカードといったものがなくてもさっくり買い取りを行ってくれる、言わば商品を選ばないタイプの店を利用すると良いです。

難点があるとすれば、査定額が少々低めになることが多い点です。

なので、手持ちの商品を全部買い取りに出すようなことはしないで、高額買取の見込みがありそうな物が混ざっているなら、それは是非、そことは異なる買取店にて売却するよう、強くおすすめ致します。

使わなくなったブランド品は置き場に困りますし、時間が経つほどにその価値も落ちるのが普通です。

いっそ売却してお金にしてしまってもいいのではないでしょうか。

ここのところテレビやネットの広告で知られるようになってきて世間での認知度も上昇中の、こういった買取業者の利用が要らなくなったブランド品の売却先としてとても便利なので覚えておくと良いでしょう。

それというのも、こういった買取業者は店を訪ねなくても、品物をまとめて店に送り届けることで、査定を受けられます。

それにもし提示された金額に不満があれば、発送料や手数料などといった料金は不要でちゃんと返品されるようになっていますので安心して利用できますね。

特に若い世代からの支持が熱い、ヴィヴィアン・ウエストウッドはファッションブランドです。

ブランド名は、創始者である女性デザイナーの名前からつけられました。

アヴァンギャルドという表現をされることが多いですが、シックな心惹かれるデザインで、ブランドロゴマークは王冠と地球をモチーフとしたオーブを表現していて、アクセサリーにもふんだんに取り入れられており、これも人気です。

商品を見ると、服飾を中心としつつ、それだけではなく、バッグ、靴、時計やアクセサリー、といったものなど商品展開は多岐にわたります。

このブランドは、日本国内でも人気は高いのですが、その商品の買取店における扱いを見てみると高額買取になるかどうかは、物によります。

グッチというブランドの創業者はグッチオ・グッチ、叩き上げの起業家です。

創業は1921年で元々はフィレンツェの皮革工房でした。

世界的に有名なイタリアンブランドとなり、最早知らない人はいないでしょう。

今日では様々な商品を扱っており、例えばバッグや靴、財布といったレザー製品だけではもちろんなくて、フォーマルからカジュアルまでのウェア、フレグランス、アクセサリー、腕時計、等々と関わる分野は多く、商品の種類は間口の広さでもあるでしょう。

こういった点もグッチというブランドの特徴です。

ドラマチックな変遷を経ていくグッチ、その中で、大勢のデザイナーが任をこなし、関わり、そこから生まれた派生ブランドも多く存在します。

根強い人気を誇るそんなグッチの商品なら、買取店はどこでも歓迎するはずです。

欲しいものが入手できた時は本当に嬉しいものですし、ブランド品ともなれば嬉しさは倍増です。

そんなブランド品の箱や袋などの付属物を、簡単に捨ててはいませんか。

買取店を利用して商品を売ろうとする際に元から付属していた、外箱や内袋の有無は、その買取店の方針だったりブランドがどこか、どういった商品であるのかにより、査定の時に大きな影響を与えますから、金額は大きな差になります。

なので、できれば捨ててしまわずに大事にしまっておくのが良いのです。

邪魔になるし捨ててしまいたい、という場合は、必要としている人のためにも、ネットオークションで売るというのはいかがでしょうか。

ブランド品の外箱や保存袋ならそれなりに買い手がつくことが考えられます。

ぜひ試してみてはいかがでしょうか。

腕時計に関しては、他のブランド品とは少し、買取店での取り扱いが違っています。

以前であれば原則として正常に動くものしか買い取ってはもらえず、故障でもしていればどんな買取店であれ、買い取ってはくれないケースがほとんどでした。

今ではしかし、状況はかなりはっきりと変わってきています。

時計としての機能を失っているもの、大きめの傷があるもの、ベルトが切れたりなどの、そう軽くはない損傷を受けているものであったとしても、高級ブランド品である、ということであれば、そのことだけで取り扱いをしてくれる、そんな買取店が今や大半を占めるようになってきました。

とはいえ、限界もあります。

あまりに酷く壊れているものは、買取を拒否されることもありますので、ご注意ください。

買取店に、使用しなくなったブランド品を買い取り依頼する場合、ギャランティカード(あるいはギャランティタグ)がついているかどうかは、重要な点です。

本物であるとの保証ですから、あった方が良いには違いなく、例外はありますが、ギャランティカードがないとその商品の買い取りを断られることもあります。

とはいっても、そういうものがない商品でも、お店の方で本物と判断された場合は、価格は落ちるものの、買い取りしてくれることもあるということです。

ブランド品の中には、ギャランティカードが付属していないと商品として認められない、というものもあり多くの買取店がHPなどに載せていますから、一読しておくと良いでしょう。

買取店に売ることを考えているブランド品があれば、ギャランティカードなどの付属品は紛失しないようにします。

京都府の方向けお酒買取サービスに関するお役立ち情報

\おすすめのお酒買取業者なら/

京都府でお酒の高価買取なら